「ある朝、気が付いたんだ。僕はこの非想天則(ゲーム)が嫌いなんだって。」
「非想天則はいくつもの箱だよ。人は身体を折り曲げて、自分の箱に入るんだ。ずっと、一生、そのまま。」
「やがて箱の中で忘れちゃうんだ。自分がどんな立ち回りをしていたのか。緋難所が好きだったのか、魔理沙を好きだったのか。」









「だからさ、僕は箱から出るんだ。」
「僕は選ばれし者。僕はこれからこのスレを……壊すんだ。」









「……あなたを緋難所から追放するわ。」









「ここに、非想天則への乗り換え(バージョンアップ)をするファイルがある。」
「これを使えば……アリスを消せる。そして、あなたをちゃんねるの闇に吹き飛ばすの。」









「なら僕は、君をフレンド鯖の呪いの中に閉じ込めるとしよう。」









「……半裸よ。」









「……ごまみそだよ。」









































ごまみそブイブイがお送りする
#ゆうかりんちゃんねる的
夏の終わりぐらいみんなで遊ぼうオフinTOKYO オフレポート一日目
〜ピンドラ聖地巡礼オフのつもりだったのは一日目の前半だけだったという罠〜










写真やアイコンが表示されにくい場合は更新ボタンをポチポチしてね!
俺のせいじゃないよ、FC2の仕様なの許して頂戴ね><







* * *







ちゅっちゅー!お味噌だよ!ピングドラム観終わりました!
なんていうかあれだね、荻野目苹果ちゃんのおかげで初めて「アニメキャラに恋する」っていう感覚が味わえました!
それ以外は難し過ぎるのでワケわかりませーん!でも赤毛は死んだ方がいいと思います。


半裸ちゃんと二人そろって「東京でピンドラ聖地巡礼しよう」と思い立ったのが今回のオフ!
とりあえずお味噌さんは現実を蹴飛ばして東京に向かうよ!



















【10/6 13:00 池袋駅東口にて】









ピンドラ22話でまさこちゃんがイイ女になったあの場所、の像






なかなかにいい天気だ。ちゃんねるのオフに相応しい天気だね!
というわけでお味噌さんは運命列車から降りて、集合時間ピッタリに池袋の地に立ったのであった!









お味噌:「毎回思うけど東京の駅はダンジョンだよなあ」

お味噌:「さてアイツらはどこにいるのかな」

たかし(メール):「今新宿ついた!ちっぷちゃん達と合流して昼飯食いに行く!」



>新宿



お味噌:「……馬鹿じゃないのお前!」












オフ事前情報まとめテキスト(通称「えんそくのしおり」)には「13時に池袋集合」って書いたんですけどね……
そもそも時間がちゃんと守れる奴らだとは思ってないけど!でもこの憤り!ね!




仕方がないからロッテリアで適当にもぐもぐするお味噌さん。
子供の握り拳しくらいしかないハンバーガーとコップ一杯のドリンクだけで600円取られました。
だから外でメシ食うのは嫌いなんだよ!!!!!!!!!!!!1
















しばらく携帯を弄りながら暇を潰すお味噌さん。
東京は人がいっぱいいるなあ、なんて思いながらテーブルに肘を付くのです。
すると窓の向こうに……








何見てんだテメー! ……その殺気、敵か!







Q-tip:「お?これお味噌さんじゃないですかね?」

半裸:「お味噌こっち向けー!」

Ryo-1:「第一村人発見的な感じだな」

SUKIMA:「音ゲーw」






ゆうかりんちゃんねるの面子が登場したのです!やっとか!
かくして東京に萃まったちゃんねるメンバー!ここで登場人物紹介と参りましょう!












<登場人物紹介>


ごまみそブイブイ
通称お味噌。一応ちゃんねる代表取締役。特技は妄想と長文。最近本当に金欠。
半裸ちゃんとピンドラの話で意気投合、聖地巡りをしつつオフをすることを計画し、まずはこの池袋へ。


Q-tip
通称ゆとり。ちゃんねるの音楽と性欲担当。特技は浪費とやるやる詐欺。ツインエンジェル厨。
本当の金欠と言うものを俺達に教えてくれるらしく、オフに堂々と参入。今回も土下座で金を借ります。


たかし
本名は本田敬。最近ちゃんねるのオークション担当に就任。特技はアイマス関連のオタ芸。なんと一人暮らし開始。
このオフの裏の目的の一つ、「たかしの新しい部屋を見に行く」にコイツの参加は不可欠。気楽な奴。


半裸
通称半裸ちゃん。ちゃんねるの若者部分担当。特技はベースとルナニー。今は修羅の土地に住んでる。
ピンドラの聖地巡りの話をしたらノッてきた。今回一番遠く(福岡)からやって来ました。ノリが若者。


Ryo-1
本名は佐藤良一。ちゃんねるの外国人担当。特技は動機が不純なスポーツ。大阪民国人。
元々このオフは大阪オフだったんだけど、しょうがないから東京に呼び寄せてみました。酒の亡者。


ろm
通称ろmちゃん。ちゃんねるの絵と格ゲー担当。特技は出張。今回も出張のついで。
元・VIP避難所の偉い人。ちなみにこの後名古屋に出張→山口に帰還→また出張というハードスケジュール。


SUKIMA
通称色魔ちゃん。ちゃんねるの音ゲーとゴリラ担当。特技はBMS。腕前は発狂皆伝クラス。
数少ないちゃんねるの良心部分を担う存在。でも最近はサナエやゴリラに洗脳されている気がする。


komeji
通称こめちゃん。ちゃんねるの外交と馴れ合い担当。特技は一般人のフリ。お外だと発言が可愛い。
微妙に具合が悪かったらしいけどもそれでも一部分オフには参加する。ちゃんねるメンバーとして重要な責任感。



「何か知らんけど肋骨折れてたらしくてさー、肺とか胃とか突き破ってさー、今入院してる。ハハハッ」




















【10/6 14:00 池袋駅東口にて】








たかしの勝負服・アイマス電車シャツ






お味噌:「ようやく集まったか……でも人が足りなくね?」

Q-tip:「米は具合が悪いらしくて家で寝てる」

たかし:「ろmちゃんが行方不明になったんだけど!」

半裸:「なんかさー!ケモナーの鵺ちゃんがオフ来るとか来ないとかさー!」

Ryo-1:「オミソサンも迷子になるしで俺達大変だったんだよ」

お味噌:「……俺は迷子じゃねーよふざけんな!!!!!!!1」









何名か欠員がいるようだけど、とりあえず俺がもう待ち疲れたから行動に移そう!
最初に行くスポットはどーこだ!









SUKIMA:「最初は『サンシャインシティ水族館で運命を感じる』って書いてあるね」

お味噌:「お前ら基本的にはしおりに従って行動だからな、じゃあ行くぞ」

半裸:「ろmちゃん着てないしなんか別の事して遊ぼうぜー!」

たかし:「丁度いい所にみんな大好きカラオケパセラがあるじゃあないか」

Q-tip:「ウンコしたいからパセラでトイレ借りようぜ」

Ryo-1:「何?ここ居酒屋?入るか!」

お味噌:「お前ら……」







というわけでグダグダな感じのままカラオケに入る事になったよ!まあいっか!(リリカ顔で)
オフにカラオケはつきものだね!




















【10/6 14:30 カラオケパセラ池袋東口店にて】







 
ちゃんねるオフでは必ずカラオケパセラ 理由はツインエンジェルに理解があるから










お味噌:「イェアアアアアア!アリ起こそうぜアリ!」→

たかし:「イーンフェールノー!」→

半裸:「落ちるトコまで落ちて物語ー!」→

Q-tip:「ヾ (゜∀゜)ノ キュンキュン!」→

Ryo-1:「きーみーがーあーよーおーはー」

お味噌:「なんでお前大阪民国人なのに日本の国家歌うん?」

Ryo-1:「俺にとってはイカす洋楽みたいな扱いなんだよ」

SUKIMA:「にしてもさ、ワンドリンクフリーだからってほぼ全員で生ビール飲まなくてもいいんじゃないの」

半裸:「何言ってんだ酒を飲むだろう東京なんだし!」

たかし:「そりゃあ飲むだろうオフなんだし!」

Ryo-1:「酒を置いてる店が悪いじゃん、飲むしかないだろう」

お味噌:「俺トマトジュースあるよ!混ぜてレッドアイにしようぜレッドアイ!」

四国:「キル・あなた〜」

Q-tip:「今何かいたぞ!禍々しい顔した奴が!」

SUKIMA:「怨念が香川からここまでやって来たんやな」







ゆうかりんちゃんねるのカラオケはいつでも混沌としているなあ!
熱いアニソンと狂おしい程のツインエンジェル、それに重なるアイマス曲が絶妙なハーモニーを奏でます!



















ゆうかりんちゃんねる童話「ゴリラと絵描き」








ろm:「ちゅっちゅー」

Ryo-1:「おっろmちゃんの登場や!」

Q-tip:「こっいーのー抑ー止力ー!」→

半裸:「ゴキゲンな蝶になってー!きらーめく風ーに乗ってー!」→

たかし:「ヴォー!一石二鳥じゃ物足りない!ハイッ!」→

ろm:「お前らが相変わらずでこの王は安心したぞ!」

お味噌:「ここらで俺のオモチャコレクションを開けてやろう!」

お味噌:「まずはこれ!ぴかぴかきんぎょさんだ!」

半裸:「何だこの一個10円もしなさそうなちっこいのはー!」

お味噌:「ボタンを押すと光る!かわいいぞ!」

SUKIMA:「それだけ?」

お味噌:「他には運命の果実とか……組み立て飛行機とか?」

Ryo-1:「まあ……いらないな……」

ろm:「ドホウ!」

Q-tip:「ドフフ」

















さて、ろmちゃんが来たところでカラオケを早々に切り上げます。今回のメインはこれじゃないもんねー!
ロビーでお支払する時に謎のハロウィン企画に挑戦する事になったちゃんねる御一行。








この日、朝早起きしてバスに乗る前にわざわざ運命の果実を購入したお味噌







店員:「このカボチャの重さを見事当てられたら商品ゲットだポヨ!」

半裸:「イベント時期でコスプレしてるのはいいけど背が中途半端で可愛くない店員やな」

お味噌:「普段の制服の方がコスプレとして優秀だということに気付いていない凡愚め」

たかし:「聞こえるように言うのやめてやれよ!」

ろm:「どれ!この王が重さを測ってやろう!」

Q-tip:「じゃあ次俺にも持たせて!」

SUKIMA:「重い物はバイトで持ち飽きてるから僕はパスなんで……」

ろm:「うーん6kg……いや7kg……まさかの8kg?」

Ryo-1:「何だその『犯人は10代か20代、あるいは30代40代50代』みたいな答え方」

お味噌:「どれ俺にも持たせてもらおうか!」

SUKIMA:「なんでそんなに重そうに持つん?」

お味噌:「お、重い……これは……125kg!」

Q-tip:「1/1サイズオアーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

半裸:「このカボチャ滋賀県産だったかー!」

店員:「正解は6.6kgだポヨー!」

ろm:「オアーで表すと1/20オアーぐらい?」

たかし:「結局オアーって事だな!」

お味噌:「ちくしょうプレゼント欲しかった……」






















【10/6 16:00 池袋駅東口にて】










エスカレーターで右に立つ→まちがい RegSeekerを使う→せいかい!






酒のテンションも手伝ってなんやかんやと賑やかしをしつつ、店を後にするメンバーたち。

さて次に向かうのは何処だ!池袋駅の東口を真っ直ぐ!サンシャイン60通りを攻めて!
人込みをかき分けかき分け辿り着いたのがコレ!池袋サンシャインシティ!

「輪るピングドラム」では重要な意味を持つこの建物!目がキラキラしてきます!

















この時横を通った外人の方が俺より日本語上手くて嫉妬した






ろm:「にしても、さっきのお笑い芸人は何だったんだ」

お味噌:「ありゃあ絶対売れないな……個人的には嫌いじゃないけど」

Ryo-1:「しかし凄い人だな、しかも全員エスカレーターで左に立ってる」

たかし:「池袋とかリア充スポットすぎて足がすくむんだけどお前ら大丈夫なの?」

半裸:「人混みが怖くて音楽がやってられるかってんだよー!」

SUKIMA:「向こうのゲーセンで音ゲーしてきていいすか……」

Q-tip:「黙れクソゴリ!」







三連休ともあって凄い人!池袋だけで東北の総人口超えてるんじゃないの!
田舎者のお味噌さんは最初からビビってるから安心です!





さあ、そんなサンシャインシティの中をぐんぐん進んでいくぞ!














足元が自動で動くというだけで驚くほどの近未来感を演出






Q-tip:「おい見ろ、登らないエスカレーターだぞ」

半裸:「普通に『動く歩道』って言えばいいんじゃないの?」

お味噌:「こんなん仙台にはないわ……東京怖いわ……」

ろm:「なるほど、正しい使い方はこうだな!」スッ

SUKIMA:「あ、あいつッ!キャリーバッグを持っているのに普通に外を歩いてるッ!」

Ryo-1:「それでいて……動く歩道の俺達と同じペースで進んでいるぞッ!」

たかし:「後ろの人が邪魔そうにしてるから素直にこっち乗れよ!」

ろm:「王にはこの程度、造作もない事よ」
















この写真、物凄く「宇宙忍者ゴームズ」って感じがするんだけどどうだい






半裸:「方向はこっちでいいの?」

お味噌:「俺に任せなさい。行くだけなら完璧にわかるぞ」

たかし:「おいこの前で集合写真でも撮ろうぜ!」

Ryo-1:「ちょっと俺は急用を思い出したので……」

Q-tip:「良一お前!露骨に人の後ろに隠れるな!」

ろm:「写真は怖くないぞ、全身全霊でぶつかるだけだ」

SUKIMA:「人多いからちょっと恥ずかしいな……」














プロの大阪民国人は写真に影すら残さない










さてさてサンシャインシティの中を進みつつちゃんねる一行が目指すのは!
そう!サンシャインシティ水族館!池袋と言ったらコレやね!
都会のど真ん中にある幻想的で大規模なしっかりした水族館にドキムネしちゃう!
「転るピングドラム」でも第一話から最終話付近までキープレイスとして登場してきましたね!うふふ!



というわけで一行は水族館へと足を踏み入れたのであった!
















金の支払いはたかしにおまかせ☆






半裸:「ウオオオ俺はペンギンになるんやー!」

お味噌:「待て半裸ちゃん、順路は右って書いてあるだろうが!」

たかし:「順路のことを『This way』って書かれるとアレしか思い出さないな……」

SUKIMA:「First comes rock...」

Q-tip:「

ろm:「確かこんな感じのポーズだったような」

Ryo-1:「もっと首こうじゃね?」

Q-tip:「ゴンさんだからもっと真っ直ぐにだな……」

お味噌:「おいたかしとりあえず撮れ!今すぐ撮れ!」

たかし:「よし任せろ!」

SUKIMA:「後ろで外人ファミリーが困ってるから通してあげましょうね」








「ピトーよりクラピカの方がかわいい」「クラピカは女の子だからな」「マジで?」










水族館は入口からしてお楽しみが満載だね!
順路を進むとだんだんと暗くなってきて……水槽が……!
















パワースポットという言い方は嫌いだが、水族館はパワースポットだ






Q-tip:「おおすげえ、本当に水族館だ!」

ろm:「なかなか趣き深いじゃないか……ルガールステージ的な感じ?」

半裸:「いやあなんだかワクワクしてくるけどどうせなら女の子連れてきたかったねー!」

お味噌:「なんだかんだで今年ココ来るの四回目だわ」

Ryo-1:「年間フリーパス買った方が安かったパターンだな」

SUKIMA:「ゴリラはいないの?」

たかし:「いねーよ!」





水族館に大興奮のちゃんねる一行!
水族館って癒し系スポットだよね!俺は好きだよ!
人混みを適当にかき分けつつ、水族館を堪能します!




















「あ?てめー勝負すっか?ジャンケンすっか?お?お?泣かすよ?絶対泣かすよ?」






半裸:「あそこにスゲー美味そうな奴がおるんやけどー!」

Q-tip:「ヤドカリの仲間!どっちかっていうとヤドカリの仲間じゃないか!」

たかし:「随分と甲羅に日本酒を注いで温めて飲みたいヤドカリだな!」

ろm:「こっちにあるの……こりゃ何だ?」

お味噌:「万代書店で500円で売ってるオナホかと思ったら魚の卵なのかこれ」

Ryo-1:「お味噌さんそういう発言やめてくださいよ!向こうの家族連れが見てる!」

ろm:「あまり具合が良さそうではないがな!」

SUKIMA:「あ、そういうネタは乗るんだ」
























たこやきマントマンというキチガイ系神アニメについて






Ryo-1:「タコや」

ろm:「たこ焼きの話した?」

Q-tip:「Devil Fish Dumplingの話した?????」

SUKIMA:「こういう系のグロ画像って苦手な人はトコトン苦手よな……」

たかし:「……そういうからだんだんこのタコが危ないモノに見えてきたじゃねーか!」

半裸:「実際海の中でこんなデカいタコに遭遇したら危ないどころの騒ぎじゃないけどね」

お味噌:「タコよりもウーパールーパーが嫌いだ、見るだけで吐き気がする」

Ryo-1:「ウーパールーパーさっきあったけど?」

半裸:「お前無意識のうちに避けてるんだよー!ちょっと戻って見てこようぜー!」

お味噌:「ば……やめろ!!!!!!!!!!!!!1」















 
コスプレ系AVは数多いが水族館職員をテーマにしたのは生まれてこのかた見たことないな






SUKIMA:「かくして一番デカい水槽の前にやってきた俺たちは(劇場版コナンの導入っぽく)」

お味噌:「なんや工藤!お前も水族館に来とったんかいな!(大阪民国人っぽく)」

ろm:「この水族館内で殺人事件が起きそうな話はやめろ!」

たかし:「おっ、あそこに全身タイツの役がいるぞ、あいつが犯人だろ!」

Ryo-1:「ウェットスーツ着た水族館職員やないか!」

SUKIMA:「こういうキレのあるツッコミを聴くとやっぱり大阪人なんだなって思うわぁ」

半裸:「にしてもウェットスーツっていうのもなかなか悪いモンじゃないねー!」

お味噌:「案外ソソられるものがあるな……」

Q-tip:「お前ら前を向け、魚を見ろ」

お味噌:「ホモは黙ってろよ!!!!!!!!」

Q-tip:「ちょ……」

半裸:「あのサメみたいに水族館おねいたんに積極的に絡みに行きたいわー!」

ろm:「だからと言ってわざわざ砂まみれの餌を食わされるのはお断りだな」

Ryo-1:「三食昼寝付きで女まで扶助してもらえるなんてここは生活保護区か何かですか!」

SUKIMA:「お前らの会話の内容が全体的にマイナスエックス方面なのは何でや……」

お味噌:「そんなことよりエイを見ろ。俺は小さい頃からエイが大好きという公式設定があってな」

たかし:「その話さっき聞いたよ!『松島水族館で買ったアカエイのフィギュアの尾を食いちぎった』って奴だろ!」

お味噌:「はい!そうです!はい!」

Q-tip:「あそこの確定図柄みたいなエイがかっこいいな……」

ろm:「あっ志郎さんこれは?」

お味噌:「確定です。」

ろm:「ドホウ!」

Q-tip:「お味噌を警戒してなかなかこっちに来ないというね」

お味噌:「しおしお……」

















お味噌流格言その1「撮っていいのは撮られる覚悟のある奴だけだ」






半裸:「勝負パンツが泳いでると思ったらクラゲだったわー!」

たかし:「ちょ、半裸お前進むの早すぎる!ゆっくり見ようぜ!」

半裸:「ルナサと一緒に来た時はちゃんとゆっくり回るから大丈夫だよ」

SUKIMA:「カップルの間に精力的に割り込んで行くあたりがゆうかりんちゃんねる」

Ryo-1:「はっは、ハハッ」

お味噌:「何が可笑しい!!!!

Q-tip:「ティンベーで捌き、ローチンで突く!」

SUKIMA:「あの宇水を怒らせてしまうなんて……良一も終わりなんやな……」





















渾身のドヤ顔サムズアップもマンボウさんの前では無意味






ろm:「こんな格言がある。『自殺をするのは人間とマンボウとハリガネムシの入ったコオロギだけだ』とな」

Ryo-1:「そしてこれがそのマンボウというわけだな」

半裸:「デカいなー、俺滋賀県行った時こんな奴がDDRしてるの見たわー!」

お味噌:「俺マンボウの寿司食ったことあるぜ!味無かったけど!」

Q-tip:「こんなの海の中で出会ったら流石に漏らすだろ……」

たかし:「その台詞はさっき聞いたぞホモ、それにホモだからって海の中で漏らしていいわけじゃないぞホモ」

Q-tip:「あの!なんで俺さっきからそういう扱いなんですかねぇ!」

SUKIMA:「ホモだからに決まってるだろ……」

半裸:「そういう色魔ちゃんも実はホモなんよね?」

SUKIMA:「えっ?」

お味噌:「公式設定には敵わなかったよ……」

















「綿棒は英語でQ-tipって言うんだって!」「へー!なんか綿棒嫌いになるね!」






たかし:「この魚……タフな奴よ。ちっぽけだが根性が実にタフ!」

Ryo-1:「よくわかんないけどたかしが魚如きに感動してるんだってよ」

半裸:「金持ちってよくわかんないところで感動するフリし出すよなー!」

ろm:「物凄く不自然よね」

お味噌:「何?『AAに全く関係ない台詞を言わせるスレ』みたいな感じ?」

たかし:「お前らにはわかるまい……!」


















上の空いてる水槽に手を突っ込んで遊んだよな、絶対そうだろ






お味噌:「ネクストステージィース……なんかお魚じゃないのもいっぱいいるステージィ!」

ろm:「おっアロワナがいるじゃないか!でもニジマスはいないんだな!」

たかし:「少年漫画のラスボスが部屋のデッカい水槽で飼ってる系の魚じゃないか!」

SUKIMA:「おい、おい、あっちにヤドクガエルがいるんだってよ」

Ryo-1:「こういうジャングルっぽい所にいる生物も一緒に展示されてるんだな」

Q-tip:「ジャングルって言葉にいいイメージが無いな……」

お味噌:「そうだな……仮にフリースタイルジャズじゃなくても何となく四国っぽい気がするし……」

四国:「ジャン(↑)グル(↓)?」

半裸:「待って!今何か聞こえた気がするんだけどー!」

ろm:「俺にも聞こえたがきっと幻聴の類だな」

たかし:「アリスインワンダーランド症候群とかいう感じのアレだろきっと!」

Q-tip:「どっちかっていうとチェシャ鬼の方だよ……」















男は誰でも亀を飼っているようなものだ、何故なら男であり漢なのだから






半裸:「おい味噌ちょっと来い!とっとと来いってー!」

お味噌:「どうしたのかね半裸氏」

SUKIMA:「リクガメで大はしゃぎする岡山人」

Q-tip:「岡山では絶滅した生き物だったりするんじゃねーの」

半裸:「見ろよこのカメ、背中に番号振ってあるぞ!こっちが1であっちが3で」

半裸:「つまりピングドラムのペンギン一号〜三号はここから着想を得てるんだよー!」

ろm:「な、なんだってー!」

Ryo-1:「本当だ……赤のマジックでそのまま番号書いてある……」

お味噌:「ピングドラムだったら本当にここを元ネタにしてそうで怖いのよな」

たかし:「地元愛に溢れたアニメっていう認識でいいのかな」







水族館を楽しみ尽くすゆうかりんちゃんねる!いやあここはいいところだ!
色々とマイナスイオン的なパワーを得てテンションも最高潮!




















「今日は日毬デーだもん。だから何でも好きな事してもいいんだもん」






お味噌:「半裸氏、ここが例のペンギン帽を買ったお土産売り場でござる」

半裸:「おお本当だ!良一お前タツノオトシゴのモノマネでもやってくれよ!」

Ryo-1:「パオーン!パオーン!」

半裸:「あーやっぱダメだこいつ、忘れよう忘れよう」

Q-tip:「でもここ、どう見てもそんな帽子が無いぞ」

ろm:「あるのはこのさかなクンさんの本体だけやな!」

SUKIMA:「さんを付けろよデコ助野郎ォ」

たかし:「よく見ろ、ちゃんと付いてるから」

半裸:「桃果ちゃんがいないだと……俺はどうすればいいんだ……」

お味噌:「とりあえず写真撮りたいから誰かそれ被って『生存戦略ー!』って言ってくれ」

Q-tip:「そういうニワカ丸出しの行動を強制させるのやめない?」

Ryo-1:「少し前までアンチアニオタだったお味噌さんの発言とは思えませんね」

SUKIMA:「とりあえず俺は嫌だからね」

ろm:「俺は王冠以外は頭に乗せない主義だしな!」

お味噌:「消去法でたかしだな」

たかし:「なんか最近安牌として使われる事が多くなってきた気がする」

半裸:「おい早くしろよ!さかなクンさんがイマジンできないだろ!」

たかし:「わかったからちょっと待て、待てって!」





















ROCK OVER JAPAN!






たかし:「せいぞォォォォォン!!!!!!せんりゃくゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!!1」

Q-tip:「お前wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

半裸:「待てよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Ryo-1:「何だよその顔wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

SUKIMA:「放送事故wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

お味噌:「こwwwwwwwれwwwwwwwwはwwwwwwwwwwwひwwwwwwwwwwwどwwwwwwwwwいwwwwwwwwwwwwwwww」

たかし:「イマジン!!!!!!!!!!!!イマジン!!!!!!!!!!!」

半裸:「わかったからもうやめろwwwwwwwwwwwwwwwwww酷過ぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

SUKIMA:「お前らオフだからってここぞとばかりに顔芸するのやめろよ」

Ryo-1:「たかしはさかなクンさんに精神を乗っ取られてしまったんやな……」

お味噌:「たかしの勇気は俺にしっかりと響いたぞ、お前は今最高に輝いている」

半裸:「でもこのたかしの中身が桃果ちゃんでも1mmも興奮できないよね」

お味噌:「そこは……そうだな……」

ろm:「店員がたかしに興味を示したようです」

Q-tip:「おいお前ら!ズラかるぞ!たかしその帽子買ってこい!」

たかし:「今後絶対使わない自信があるからノゥ!」
















「僕……怖かったんだよね。苹果ちゃんとその日記がこの世界に存在している事が。」






Ryo-1:「ペンギンがいるぞ」

たかし:「ペンギンって群れなきゃ何もできないのコイツら?」

Q-tip:「お前は群れても何もできないからペンギンに経緯を払え」

ろm:「鳥獣類と比べてどうすんだ!」

お味噌:「ここがあの、名シーンである焼きりんごのペンギンの前だよ」

半裸:「苹果ちゃんはおらんの?」

お味噌:「おらんな……写真撮るから半裸ちゃん自分に火ィつけてそこに寝転がって」

半裸:「それは流石にヤメといた方がいいと思うなー!」

SUKIMA:「ペンギンとゴリラって……微妙に似てね?」

たかし:「お前頭大丈夫?」

Q-tip:「すしだよ

bk:「お前ばかじゃないの?」

お味噌:「You are safe now.」












騒いで写真撮って騒いで写真撮って……そんなことをしているともう順路の表示が消えて
「出口→」という悲しい表示が現れるのです。












あれだけ大人数が水族館にいたのにこの時だけ通路の階段にはちゃんねるメンバーしかいなかったという奇跡の一枚






半裸:「サンシャニー水族館ももう終わりかー」

ろm:「なんだかんだで行ってみると素晴らしいスポットだったな!」

お味噌:「鉄板デートスポットの名は伊達じゃないぜ」

Q-tip:「とりあえず米拾いに行くか?あいつ六時半に新宿着くってさ」

SUKIMA:「今がだいたい六時前だから……どうしようね」

たかし:「なあナムコナンジャタウン行こうぜ!アイマスのイベントやっててさー!」

Ryo-1:「お断りします」

半裸:「ちょっと買いたい本があるから本屋探そうぜ!」

お味噌:「本屋くらいならまあ時間的にも大丈夫だな」

Q-tip:「そういや『本屋行くとトイレに行きたくなる現象』ってなんか名前ついてたよな、何だっけ?」

ろm:「『黙れホモ現象』?」

たかし:「『黙れクソホモ現象』じゃなかったっけ?」

Q-tip:「あれおかしいな!枯れたと思ってた涙が俺の目から!両目から!」

SUKIMA:「(ホモの流れになると発言できないから先にトイレ行こう……)」













苹果ちゃんもかわいいけどやっぱりルナサやな……






















【10/6 18:30 新宿駅付近にて】








池袋を脱したゆうかりんちゃんねるの一行はこめちゃんの捜索に乗り出します!
新宿のどこかでこめちゃんが待ってる!お腹を空かせたこめちゃんが待ってる!
秘密結社マクドナルドの機密に触れたため命を狙われるハメになって現在は宗教法人ピザー・ラにお世話になってるこめちゃんが俺達を待ってる!










komeiji(メール):「例の民度の前で待ってる」

Ryo-1:「民度って何だよ……これだから新宿のダンジョンは困る」

半裸:「お前梅田の地下迷宮はクリアできるくせにこっちは無理なのか!」

SUKIMA:「民度って何や?鳥殺の新曲?」

お味噌:「お前ら過去のオフレポを見ろよ……新宿で民度が問題になった場所と言ったら……」

komeiji:「スイパラ新宿店に決まってんだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

komeiji:「ゥウェイアイォアオォェヲォンキィァォポwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ろm:「この鳴き声!こめちゃん発見!捕獲せよ!」

たかし:「この店は民度とパスタっていうイメージしかないもんな」

Q-tip:「ここを待ち合わせ場所に選ぶあたりが米らしいというかなんというか」

komeiji:「お前らゴタクはいいから東口タイステ行こうぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

たかし:「俺もう腹減ったんで!今から中華食いに行くんで!」

半裸:「例の中華行くのも久しぶりだから微妙に楽しみだよ」

Ryo-1:「ゆうかりんちゃんねる中華料理支部か」

お味噌:「早くピータン食いたい……」

Q-tip:「とりあえず歩き出すぞお前ら!」













池沼のモノマネで有名なちゃんねるイチの顔芸師






こめちゃんをゲットしたニダ!
さてさて一行は新宿東口の先を目指すよ!ちょっと歩いて曲がってみて、華やかさがちょっと失われて
ビジネスライクリーな建物が多くなってきたあたりに……その店はある!

























【10/6 19:00 新宿三丁目 ダイアン新宿ビル前にて】









胸が高鳴るこの「サイコスんエレベーター」もまた好き






SUKIMA:「この道をちゃんねるの集団で通るのももう何度目だろうな」

たかし:「今回は味噌が迷わず来れたな!」

半裸:「あっここ懐かしい!この近くのサンクスまで懐かしい!」

お味噌:「というわけでここがゆうかりんちゃんねる中華料理支部!またの名を……」

ろm:「サイコス!」

お味噌:「中華料理屋『西湖春 新宿店』だッ!」








もはやオフレポでは定番となったこの店!「サイコスん」こと西湖春!
ちなみに正しい発音は「せいこうしゅん」だから忘れそうになったら自分の右頬を殴ってね!


というわけで、さっそく入店入店。
国交問題?大丈夫だろ、多分……。
















親 の 脛 か じ り 虫






半裸:「うわー久々の西湖春やー!スゲー懐かしいなー!」

お味噌:「酔っ払ってトイレで行方不明になった事以外も覚えてたんだね半裸ちゃん」

Q-tip:「たかしがトイレで死んで、半裸ちゃんが女子トイレに凸ったんだよな」

komeiji:「お前らホントロクな事してねーよなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

たかし:「8名で予約していた本田ですけど……」

店員:「ハーイ本田さんネー!じゃあコッチにドウゾー!」

ろm:「謝謝!」ニコッ

Q-tip:「いつもの人だ!サイコスんのおばちゃんだ!」

SUKIMA:「心なしか日本語が上達している気がしませんかね」

komeiji:「なんで『日本語が下手』っていう前提で話してんだよ可哀想だろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Ryo-1:「いいから座れよ!俺隣のグループと近い所は嫌だぞ!」

ろm:「俺は王だから上座な!」

たかし:「えっと、3000円コースで……食べ飲み放題の奴で」

店員:「アイヨー!先にお飲物お伺いシトキマース!」

お味噌:「生の奴ー!」

komeiji:「はいwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ろm:「じゃあ俺も」

たかし:「はい」

Ryo-1:「生意外あり得ないな」

半裸:「危ないとは思うけどもやっぱり愛し合ってるからルナサとは生なんだよね」

SUKIMA:「俺は……カシスオレンジをお願いできますかな」

Ryo-1:「ゴリラは草食動物だから果物を好むんだな」

ろm:「ほう!経験が生きたな!生中をおごってやろう!」

SUKIMA:「お断りします!」

Q-tip:「俺はー……そうだなァ……」

Q-tip:「久しぶりの祭りだからなー……」

Q-tip:「コーラで」

たかし:「知ってた」

お味噌:「たぶん全員知ってた」

半裸:「もうちゃんねるにいないオアーでさえ知ってたと思うぞ!」
















二人の共通点:Twitterで一般人を装う遊びをエンジョイしている






店員:「はーい生6つとー、カシオレとー、これコーラねー!」

お味噌:「来た!やっぱり早い!」

komeiji:「どんな時でも15秒くらいで酒が出てくるのなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

たかし:「時間操作系能力者のオバチャン、衰えていなかったか……」

ろm:「やはりサイコスはいい……俺達の身体によく馴染む!」

半裸:「お前らよー、酒が来たんだからとっとと乾杯しようぜー!」

Ryo-1:「酒が俺を呼んでるんだ、早くしてくれ」

SUKIMA:「ウホッ!ウホホホ、ウホホッ!」

Q-tip:「おい!色魔からヤバい系の禁断症状が出てる!早くしてくれ!」

お味噌:「じゃあここはいつものように俺が音頭を……」

たかし:「はいじゃあみんなグラス持って!伝説の滋賀県民の消息不明を祝ってー!」

お味噌:「あっちょっと待っ」

たかし:「行くぞ!せーの!」










「「「「「チェダッカー!!」」」」」

宴 の 時 間














さあ宴の始まりです!始まったからには飲むし食うぞ!だってここはサイコスん!
酒を飲んで中華料理を食う店だからな!

未難の数だけイッキ飲み、はせずにグイグイと酒を煽ります!

















 
サイコスんの蒸し鶏の味は何故だか再現できない、美味いってことさ






店員:「蒸し鶏とー、レタスのニンニク炒めとー、卵とカニ・トマト・海老の炒めダヨー」

お味噌:「ほうら、きたきた(笑)」

たかし:「あーうめー!オフ会やってるって感じするわー!」

SUKIMA:「おい……おい俺にもくれよ!皿をこっちに回せって!」

半裸:「鶏肉が一瞬で消え去ったぞ!ヤサイしか残ってない!」

Ryo-1:「お前らゆっくり酒も飲めないんですか!」

ろm:「晩餐と呼ぶにふさわしい……サイコス、侮れん奴よ」

Q-tip:「エビマヨと、豚足の冷菜、棒棒鶏、海鮮焼きそばと……あとコーラで」

店員:「カシコマリー!」

お味噌:「あっあとピータン!人数分!8つで!なるべく多めに!」

店員:「お前ふざけんなよ……」

komeiji:「店員さんめっちゃ引いてましたけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

たかし:「普段節約生活してる分今日の俺はいくらでも食えるぞ!」

半裸:「うおォン!俺は人間火力発電所だー!」

SUKIMA:「ここらへんにストレッチパワーが溜まってきただろう(胸筋トントン)」

Q-tip:「待て……既に料理がなくなってる!」

Ryo-1:「そっちのテーブルの飯なら全部たかしの胃に入ってるよ」

たかし:「鮮度が大事だからな!」

Q-tip:「んんんんー!許るさーん!」














 
ピータンを目の前にして大興奮するアメリカの少年






お味噌:「うおおおおおおピータン来た!これでかつる!」

ろm:「なんか想像の斜め上クラスの量のピータンが来たんだけど」

komeiji:「こんなに出されても俺食えませんけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Q-tip:「大丈夫、それ全部味噌が食うから」

お味噌:「ピータンが俺の身体に萃まり……最強に見える!」

たかし:「おい俺にも一口ぐらいくれよ!」

半裸:「ピータンを見ると鵺ちゃんが残したミミガーを思い出すな……」

Ryo-1:「また同じの頼んでみたらいいんじゃないですかね!」

たかし:「やめろ!絶対残すから!あれ辛いから!」

お味噌:「お前ら聞いてくれ、大量のピータンを食うと鉛中毒になって寝込む事があるらしいぜ!」

ろm:「身体を鍛えてない奴はピータンすら食えないということか!」

SUKIMA:「じゃあ俺なら大丈夫なはず」

Q-tip:「そういうお前は胸筋男!」

SUKIMA:「……あっなんか思ったよりピータン美味いわ。これ美味い系」

お味噌:「また一人ピータンの虜になってしまったようだな……!」

たかし:「仲間が増えたね!やったねおみそちゃん!」






酒も入ってテンションが急上昇!ちゃんねるの宴はまだまだ続くよ!
声もだんだん大きくなってきて、人に迷惑をかけるこの姿こそがゆうかりんちゃんねる!





















 
だんだんトークのリミッターが外れてきて「真剣ちゃんねる民喋り場」みたいになってくる






komeiji:「あーセフレ欲っしいわーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

お味噌:「同人作家になればセフレの一人や二人くらい簡単に囲えるんじゃないすかねホジホジ」

SUKIMA:「あれっブッタバサさんをほっといてそんな事言っていいんですか?」

Ryo-1:「他に男作って出て行った売女の話はやめてあげるんだ!」

半裸:「元カノを囲ったまんまでセフレ扱いするっていうのがこめちゃんに向いてるんじゃないかと思うんだけどー!」

Q-tip:「だから昔の話はやめろって言ってるだろ!コイツまた笑いながら泣くから!」

komeiji:「お前ら全員一発ずつ殴らせろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ろm:「うるさいからお前らソープ行け!」

お味噌:「生活保護の金で月イチでソープ行く生活がしたいです安西先生……」

たかし:「あー俺にはアイマスという心強い味方がいてくれて本当によかった」

半裸:「こういう会話ってホモからしたらどういう気分になるんかな?」

Q-tip:「……だから俺の方を見るな!それに色魔ちゃんだってホモだろ!」

SUKIMA:「立場が悪くなった瞬間他人に責任をかぶせようとするなんて、人間としてクズなんじゃないか?お?」

お味噌:「色魔ちゃんは自分が胸筋系体質だからガチムチの体系に憧れる益荒男系ホモだろ?」

お味噌:「それに対してゆとりは自分に自信が持てないから自分に近くて自分より弱い存在としてのショタを好む最低系ホモ」

komeiji:「Qwwwwwwwwwwwwwお前最低過ぎるだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

半裸:「今まで普通にゆとりと接してきたけどこれからはカスホモさんって呼ぶわー!」

ろm:「モテないからってホモに走る奴にはロクな奴がいないな!」

Q-tip:「お前らさ、こういう会話の後一人で枕を涙で濡らす俺の事考えた事あんのかよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1」

たかし:「俺達ホモじゃないからQちゃんの事はそんなに考えたりしないよ!」

SUKIMA:「まああれだ、お前らも筋肉つけてみようぜ……」ニコッ

Ryo-1:「ここでケモナーでホモ属性の宇津木清人さんの名前を出したいんだけど」

komeiji:「そいつの事は忘れようぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ろm:「ケモセックスしようとしたら骨折して内臓破裂して入院中だっけ?まあただのアホだな!」

お味噌:「このちゃんねるって大部分がホモとアホで構成されてる気がするんだけど!」

たかし:「マトモなのが俺ぐらいしかいないなんて驚きだよな!」

Ryo-1:「黙って寝てるだけで毎月10万円の小遣いもらえるたかしはマトモ過ぎる人間の鑑」

SUKIMA:「しかも光熱費・家賃負担無しでアイマス漬けの毎日なんですよね……」

Q-tip:「結局学校もマジメに行ってないし!」

komeiji:「なんでお前ら揃いもそろってそんなクズなんだよ死ねよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

お味噌:「マトモな人間はこのちゃんねるに居つかないからな」

ろm:「だが王はいるぞ(ドヤッ)」

Q-tip:「あ、そうですね……」
















 
「そういやガイルちゃんってどこいったの?」「光魔法を当てたら灰になった」






Q-tip:「やっぱり人間は生まれが全てを左右すると思うんだよね」

Ryo-1:「信じたくはないけどそれはあるな」

たかし:「オッ見ろよQちゃん!あそこに居るのお味噌とかいう奴じゃね!」

Q-tip:「お味噌はいい友人だったが、自分の生まれの不幸を呪うがいい!君の父上が悪いのだよ!」

お味噌:「デョウ!謀ったなデョウ!

SUKIMA:「ドフフ……」

komeiji:「いいからお前らとっとと働けってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

半裸:「ファミマで働くと初音ミクに抵抗なくなるよ」

Q-tip:「マックで働くとポテトが揚がった時の電子音に抵抗なくなるぞ!」

たかし:「お前らそれ洗脳されてるだけじゃないの?」

Ryo-1:「一緒に社会の歯車やりましょうよ……楽しいですよ……」

お味噌:「良一の目が虚ろや……」

SUKIMA:「自分の筋力を生かせる職場、またはBMSに必要な筋肉を得られる職場が一番いいぞ」

ろm:「そうだ、お前らにお土産を持ってきたんだった」

半裸:「おっこれ!世界樹の公式設定資料集じゃん!」

komeiji:「何これスッゲエお宝が登場したんだけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Q-tip:「ほう!話がわかるな!」

お味噌:「何?野生生活に身を置いたリリカ登場するゲームだろ世界樹って」

半裸:「ホラ味噌いきなりリリカ載ってるぞ!」→

SUKIMA:「なかなか見所がありそうな本だがきっとゴリラはいないんだろうな」

ろm:「これ全部こめちゃんにあげるから有効活用しなさい」

komeiji:「マジでwwwwwwwwwwwwwwwwwオフ来てよかったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

半裸:「まあちょっと待って、俺この本持ってトイレ行くからその後こめちゃんにあげることにしようか!」

お味噌:「こいつ……リリニーする気だ!」

Ryo-1:「半裸ちゃんがトイレに籠ると戻ってこなくなるからやめとこうぜ!」


















 
そろそろゆうかりんちゃんねるらしいイベントがしたいところね 悪事とか悪事とか悪事とか






お味噌:「俺ずっと思ってたんだけどさ、貧乳の女ってクソじゃね?」

Q-tip:「ガタッ」

半裸:「いきなり何を言い出すんだお前は!」

SUKIMA:「その話……詳しく聞かせて貰おうか……」

お味噌:「あんな『許されたセックスアピールポイント』があるのにそれを使わないって何なん?」

お味噌:「それに第一ね、遊んでて『面白味』がないんだよ。つまんねーんだよ出直してこいって感じがするよね」

komeiji:「何だよそのジェンダー的右翼思想はwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Q-tip:「お前は貧乳をステータスだと思ってる女が嫌いなだけだろ」

Ryo-1:「胸だけで女を語るのはちょっと可愛そうな気がするんだけど」

半裸:「まあメルランは巨乳だけどルナサはちょっとぐらい控えめな方が可愛い気はするなっ」

たかし:「この話を千早の前でしたらどういう発狂の仕方するかが楽しみでしょうがないな」

お味噌:「貧乳の女ってさ、女を捨ててんだろ?アイデンティティを放棄して時間に流されて生きるクズって事だろ?」

お味噌:「なのに適当な言い訳しながら『自分は悪くない』みたいな顔してるのがホンット笑えるんだよな!」

お味噌:「とりあえず下層カーストなのは間違いねえよ、後はワゴンで投げ売りされるだけだろ?」

ろm:「誰だ味噌がこんなになるまで酒を飲ませた奴はーッ!」

Q-tip:「注いだのは俺だけどそもそもピッチャーで頼んだからしょうがないじゃないですかー!」

SUKIMA:「おい……おい味噌やめとけ!隣の席のグループがシラけた目でこっち見てる!」

komeiji:「ほんとだあっちのオッサンオバサン達がガン見してるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Ryo-1:「ちょっとケータイ弄って関係ない人のフリするわ……」

お味噌:「知らねーよそんなパッと見キヨヒト以上のいい年齢してんのにニコ生で慣れ合うような話してる奴らはよー!」

お味噌:「向こうが俺達をどう思おうが、だいいち俺達も向こうの事キメェって思ってんだから同じ事だろうが!」

お味噌:「ったく性犯罪犯しそうなツラばっかしてよぉー!犯罪者集団かっつーの!」

たかし:「あっお味噌が調子に乗って後から後悔するパターンだこれ」

SUKIMA:「斜め向かいのオッサンがめっちゃ笑顔になってる……」

Q-tip:「チャンコ増田みたいな顔したオッサン……」

ろm:「倉橋康助を闇に貶めた口プレイがサイコスんに響き渡る」

半裸:「ちょっとこの話やめようぜ!じゃあここから俺のバイト先のファミマの話するわー!」

komeiji:「それは死ぬ程つまらないからいいですwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」














他にもさ!ゴリラ人間の話をしたりホラゲの話したり香川県の話したり!
過去のオフの話したり緋想天とかいう神ゲーの話したりザンギエフのモノマネしたりして!
そうこうしてると時間は勝手に経っちゃうんだなこれが!もう二時間終わってる!


お帰りの時間ですよ!















全員が飛ばし過ぎてダウンしてる中、最後までエビマヨを頬張っていたマイペースな男






店員:「ハイそこのウルサいオニーサン達ー!もうラストオーダーだヨー!」

SUKIMA:「割と容赦無く突っ込んでくるサイコスんのおばちゃん」

ろm:「フフ……アツい女だ!」

Q-tip:「おい外見ろ、尋常じゃなく雨降ってね……?」

komeiji:「一旦ゲーセン行ってから考えようぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Ryo-1:「しょうがないなー、タクシーで帰るしかないか」

半裸:「とりあえず今はたかしに金出させて店抜けようぜー!」

たかし:「お前らちゃんと金払えよ!俺はビタ一文も多く払わないからな!」

お味噌:「お前10万円もあるんだからそれで払っておいてくれよ、ヨロシク」

Q-tip:「ごちそうさまでしたー」

komeiji:「また来まーすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

店員:「アイヨー!」

ろm:「良い宴であったぞ!流石はちゃんねる公認店舗」

SUKIMA:「みなぎるパワーやな」






















【10/6 21:00 新宿三丁目 ダイアン新宿ビル前にて】






お腹もいっぱいになったちゃんねる一行!
外は大雨だよ!キャンバスシューズが濡れてぐっちゅぐちゅになっちゃう!



お味噌:「傘買う金なんてないです……」

ろm:「俺が金出してやるからタクシーで帰ろうぜ」

たかし:「いいねそれ!最高!やっぱりオフといったらタクシーだよなうん!」

Q-tip:「いや、このままゲーセン行かずに帰るワケにも行くまい」

komeiji:「とりあえずタイステ行こうぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

SUKIMA:「食事で得たエネルギーは……音ゲーで使うためにある……!」

半裸:「こんな夜でこんな大雨でもお前らはやる事変わらないんだなー!」

Ryo-1:「右肩が濡れた……早くたかしハウス行って銭湯行こうぜ……」









いやね、最後の最後まで天気予報気にしてたけどさ!結局スゴいの降りやがってさ!お味噌さんもうカンカン!
多数決したり相合傘したり、最終的にゲーセンに入ってみたりしたけどここで二手にわかれよう!
体調の悪いこめちゃん・明日バイトのゆとりと色魔ちゃんはここでログアウトとなりました。







komeiji:「おっけwwwwwwwwwwwwww俺ポップンやるわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

Q-tip:「ダンエボ!ダンエボはないの!」

SUKIMA:「蠍の炎に抱かれて馬鹿な」

お味噌:「だめだこいつら……音ゲーにやられてしまっている……!」

半裸:「ルナサが出るわけでもないのに音ゲーなんてよくやるよお前ら」

たかし:「とりあえず帰りまーす」
































【10/6 22:00 沼袋駅付近 新たかしハウスにて】







さてさて電車を乗り継いで沼袋駅にやってきたお味噌・たかし・ろm・半裸・良一!
都会ながらも田舎っぽさと自然を併せ持っている素晴らしい駅、沼袋!


ここにたかしの新居があると聞いて、泊まりにやってきました!








ろm:「ウオオオオオオオ踏切が閉まる!閉まる!」

Ryo-1:「さっき開いたばかりなのにいきなり閉まってくるとは恐ろしい」

お味噌:「あぶなァーいッ!上から来ているゥーッ!って感じだったな」

たかし:「馬鹿な事やってないで……さっさと歩け!」

半裸:「あっなんか酒とか買えるトコないの?」

ろm:「それは後にしてくれないかな、荷物が重くて手が痛い」

お味噌:「たかしハウスに送り付けるのが最善手だったな」







夜の沼袋をぽくぽく歩いていくと……?

ここか、ここなのか!新たかしハウスは!












Ryo-1:「ここが不登校のたかしが学校行くために親に入らせられたアパートか」

ろm:「例の10万円も小遣いがもらえて超ゆとり生活できるアパートだな」

お味噌:「人生の生活保護を手にしたたかしの新たな出発点」

たかし:「わざわざ悪意の籠った説明しなくていい!」











というわけで新たかしハウスにイン!



せ、狭い!
何だよここちょっと狭いよ!まあでも一人で暮らす分の機能はちゃんと揃ってるのね!
一人暮らしできなかったよ勢のお味噌さんはちょっと羨ましくなったりするのです!
たかしもついに一人暮らしするようになったのね、と思うと感慨深いな!















 
さあ横幅の狭さを感じてみよう 立ってるのに既に狭い






たかし:「まあ入れよ」

お味噌:「予想以上に狭い!」

半裸:「これでもかってアイマスのポスターで埋め尽くされてるなぁ……」

ろm:「荷物をどこに置けばいいんだ、これはちょっと無理な気がするぞ」

たかし:「風呂に置いとけばいいんじゃないかな!」

Ryo-1:「この風呂とトイレ……ユニットバスという肩書を疑う狭さだな!」

お味噌:「メシ食うためのものとアイマス関連のモノしか置いてなくて流石にワロタ」

ろm:「ちょっとまって俺達ここに5人で寝るの?不可能を可能にできるの?」

たかし:「できるさ……!」ニコッ

Ryo-1:「俺は自信無いな……」

















俺達の知っているたかしは遠隔操作型のスタンドで、本体はこっちという説が






ろm:「おっ!コリブリさんじゃないですか!」

お味噌:「やっぱりここの部屋の主もコリブリさんなんだな」

たかし:「おいお前ら!俺より長生きしてるアヒルさんに無礼な口利くな!」

Ryo-1:「前はガチョウって言ってなかったっけ?」

半裸:「本人もどっちだかわかってねーんじゃねーか!」

お味噌:「コリブリさんは寝るのに邪魔だからお外で遊んでらっしゃいね……」

たかし:「外出すな!あとうるさくすると大家さんに怒られるからやめろ!」

ろm:「アイマスの曲を大音量で流してるたかしが何を言ってもねぇ」

Ryo-1:「今日のお前が言うなスレはここですか」

半裸:「とりあえず布団引きたいからお前らモノ片付けようぜ!」

お味噌:「来た時から散らかってるとかホント救いようがないな」

たかし:「お前ら汚い足で布団に触れるな!あと銭湯行くんだから服は脱ぐなよ!」

Ryo-1:「そういえばそうだった、まあ酒飲むか」

半裸:「ビール無いの?」

たかし:「あったら俺が飲んでるよ……」

お味噌:「なるほど」

























【10/6 24:00 沼袋駅付近 新たかしハウスにて】






みんなで銭湯に行ってミストサウナで必死にこらえたり、番台のオバチャンに睨まれたりしながらスッキリして、
たかしハウスに帰還。さあオフの日は長い。今日はもう寝ましょうね!
なんてったって明日も明後日もあるんだから!睡眠は大事だよ!
















混沌が支配する新たかしハウス とりあえず好きなだけ騒げたから良しとしよう






Ryo-1:「もう俺は眠いからな……」

たかし:「まあ待て、お前ら俺のオススメ映画を見たくはないか!」

お味噌:「お前と一緒に映画観るって考えただけでちょっとカンベンっすね」

半裸:「そうだあのボードゲームやろうぜ!ちゃんねる公認ゲームのやつ!」

Ryo-1:「……」←もう寝てる

ろm:「静かにしろ、俺が大家だったら包丁持ってコイツらを黙らせに来るな」

ゆうかりん:「お前らもう寝なさい」

お味噌:「はい」

たかし:「仕方ないな……」

ろm:「電気、消しまーす」












というわけで一日目のオフレポはここまでだよ!ヒュウ!
さあ二日目は一体どうなってしまうのだろうか!楽しみやね!待て次回!

ちゅっちゅっちゅーのちゅっちゅー!



















































Ryo-1:「ンゴゴゴゴッゴッゴゴッゴッゴッゴ」

Ryo-1:「ズゴーゴゴゴゴゴボゴゴゴゴ、ダゴタッファニングッ」

お味噌:「(良一のイビキに殺されそうだ)」

たかし:「(さっきから何回も顔面にマクラ叩きつけてるのにイビキが止むどころか起きすらしない)」

半裸:「(たかしのアイマス本見てたら辛抱たまらなくなってきた、ちょっとセブンで抜いてくるわ)」

ろm:「(なあ、なんでお前ら当然のように俺に足向けて寝てんの?全員で)」

Ryo-1:「ガフゥーーーーボスススス、ゴボオオオオオ」

Ryo-1:「ンギッ!」

Ryo-1:「……ゴガスゥー、ゴガスゥーゴガスゥー」

Ryo-1:「ンゴーゴゴゴゴゴ、ンゴーゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」








ゆうかりんちゃんねるの夜は長い……。
























オフレポ二日目を見る

オフレポ三日目を見る

オフレポのおまけを見る










2012年10月14日 この平和なオフレポは、ゆうかりんちゃんねる代表取締役ごまみそブイブイの提供でお送りしました!ちゅっちゅー!



トップページに戻る